NanoWallet の説明書 準備編

NanoWallet のダウンロードについて

ここではアポスティーユを使用する為に必要な NanoWallet のダウンロードについて説明します。

NEM 公式サイトへアクセスしファイルをダウンロードする

画像をクリックしてページへ進み、DOWNLOAD THE NANO WALLET ボタンをクリックします。

Dropbox へ移動するので Download ↳ Direct download へと進みクリックします。
すると .ZIP ファイルが指定のフォルダ(デフォルトの場合ダウンロード)へダウンロードされます。

ダウンロードしたzipファイルを展開する

ダウンロードに保存した .ZIP 形式のファイルを、開けるように展開を行います。
.ZIP ファイルをダブルクリックしてもファイルの内容などを見ることは出来ますが、あくまで内容が表示されたに過ぎません。通常のファイルとして扱うには必ず展開を行って下さい。
展開できない場合は、7zip 等の無料解凍ソフトを利用する事をお勧めします。 ダウンロードした .ZIP ファイルを右クリックし、すべて展開をクリックします。

このマニュアル画像は、Windows8.1 での画面になります。 お使いのOS及びブラウザのバージョンによって、画面及び操作方法が異なりますのでご注意下さい。

展開するフォルダを指定します。初期値は .ZIP ファイルと同じフォルダになります。
任意に変更したい場合は「参照」をクリックして、保存先を変更して下さい。
よくわからない場合は初期値のまま展開を実行するようにして下さい。
ここではデフォルトの設定で展開します。



展開されたファイルが表示されました。 ファイル構成は以下のようになっています。


Nano wallet-1.3.4 — Apostille
├ NanoWallet
│  └ css
│  └ images
│  └ vendors
│  └ main.js
│  └ package.json
│  └ readme.tx
│  └ start.html

ダウンロードまたは任意の場所にフォルダが作成されています。
以降は通常通りのフォルダになりますので、名称変更や移動も自由に行って構いません。
ダウンロードした .ZIP ファイルは不要であれば削除して構いません。
以上で NanoWallet のダウンロードは完了になります。

ダウンロードした .ZIP ファイルはそのまま残しておくと、よく分からなくなり削除しづらくなります。ダウンロード時に必ずファイル名を確認し、展開したあと不要であれば削除するなど、すぐに整理する事をお勧めします。

NanoWallet の起動について

実際にダウンロードした NanoWallet を起動してみましょう。
NanoWallet はダウンロードしたファイルがパソコン内に存在すれば、ブラウザ上で操作できます。

起動方法

NanoWallet ↳ start.html と進み、ダブルクリックで起動します。


ブラウザが起動し、以下の画面が立ち上がれば成功です。
英語版の場合は Language/言語 から設定言語を選択できます。

起動できない場合

※ブラウザが起動しても何も表示されない場合は、start.html を右クリックし、start.html のプロパティの全般項目からプログラムの変更でブラウザを別のものに変えてください。
IE では利用できないので注意してください。

NanoWallet におけるウォレット・アドレスの作成について

NanoWallet でアポスティーユを行う為にはウォレットの作成が必要となります。
ウォレットはキャッシュカードを管理するお財布、アドレスは口座番号の様なものです。
特徴としては、ウォレットの初回作成時にアドレスが1つ作成されます。
もちろん、ウォレットの中にアドレスを2つ以上追加することも可能です。
以下で出てくる単語に秘密鍵があります。
これは、絶対に他人に漏らしてはいけません。
秘密鍵を他人に伝える行為は、あなたのキャッシュカードと通帳・印鑑を他人に渡す行為と同じです。

ウォレットの種類

NanoWalletではウォレットを新規作成するとき、2種類の方法でそれを行うことができます。

シンプルウォレット

シンプルウォレットはクライアント側でランダムに秘密鍵を生成します。
その為、きわめて低い(隕石が地球にぶつかるより低い)確率で自分の秘密鍵と同じものが別にユーザーに割り当てられる可能性があります。
ユーザーは基本的にシンプルウォレットでウォレットを新規作成する事をお勧めします。

ブレインウォレット

ブレインウォレットはあなたが決定したパスフレーズから秘密鍵を生成します。
その為、パスフレーズが他人のものと被ると同じ秘密鍵が生成されます。
パスフレーズを忘れない限り、秘密鍵を無くす事がありませんが、パスフレーズが流出または被った場合、秘密鍵は第三者へ伝わった事になります。

ここから同じ秘密鍵を生成してみましょう。パスフレーズ password で以下の秘密鍵が生成されます。b8afae6f4ad13a1b8aad047b488e0738a437c7389d4ff30c359ac068910c1d59

ウォレットの作成

ウォレット作成の手順に移ります。
まず、アカウントの作成をクリックし、シンプルウォレットを選択している事を確認した後、各項目を入力していきます。
ウォレット名は好みの文字列でかまいません。
パスワードはウォレットへログインする際の暗証番号となりますので、盗まれない為に記憶するか、フィジカルな紙に書き起こしてください。
LastPass 等のパスワード管理マネージャーを使う際は、細心の注意を払ってください。
ネットワークは Mainnet のままで構いません。変更しないでください。
全て入力後、「シンプルウォレットを作成」をクリックします。


「シンプルウォレットを作成」を押すと以下の画面に切り替わり、.WLT ファイルがダウンロードされます。
このファイルはデフォルトでダウンロードへバックアップされます。
「アカウントを使用するために!」の項目をよく読み、.WLT ファイルをUSB等にバックアップしてから任意の場所へ移動してください。
.WLT ファイルの場所を分りやすくする為、NanoWallet フォルダの中に新しいフォルダを作り .WLT ファイルを保存する事をお勧めします。

ウォレットのインポート

ウォレットの作成が終わると初期画面へ戻ります。
戻らない場合はログインボタンをクリックしてください。
「ウォレットをインポート」をクリックし、先程作成した .WLT ファイルを読み込みます。


読み込んだ後はウォレット作成時に入力したパスワードを入力します。
これにて、初期設定は完了です。しばらくしてダッシュボードが表示されます。お疲れさまでした。

12 件のコメント

  • はじめまして、NEMのウォレットを探していてこちらのページに辿り着きました。
    英語ばかりの中、日本語で詳しく説明されていて非常に参考になります。

    そこで質問なのですが、このNANOウォレット(シンプルウォレット)はデスクトップウォレットになるのでしょうか?

    現在ledger nano sでBTCやETHを管理しています。例えばledgerと同じく、2台のPCにNANOウォレットをインストールすれば、2台で管理できるものでしょうか?それとも1台のPCのローカルデータに紐づくような感じでしょうか?

    安全な保管先を探していてNANOウォレットまでは辿り着いたのですが、そこからがややこしくて困っていました。

    もしよろしければ教えていただけるとうれしいです。

    • ありがとうございます。
      NanoWallet のカテゴリは「ライトウォレット」となります。
      これは一般的なフルノード(NEMではNIS)で、デスクトップウォレットとは異なります。
      具体的には、NIS は、NIS Web サーバーとして実質的にサービスプロバイダーの役割を果たしており、NanoWalletではそれを通してブロック情報をローカルに保持しなくてもトランザクションを発行したり、その他機能を実行する事が出来ます。
      NIS には自身のアカウントの秘密鍵を与える必要のある通信は行っていませんので、誰もあなたの NEM:XEM を盗んだりできません。
      可能性は限りなく低いですが、万が一悪意のあるノードがいた場合、それは誤った情報しか与える事ができないので、大した問題にはなりません。
      接続先を変更すればいいだけの話です。
      NanoWalletではデフォルトで Core が選んだ信頼できる NIS へ接続されています。
      接続先 NIS は NanoWallet のノード項目から確認できます。
      どうしてもより安全に管理したいならば、自身のサーバーでブロックチェーンを扱う必要があります。
      NIS を起動し、24時間同期し続ける必要がありますがこれが一番安全と言えます。
      これに関しては今後記事を書く予定なので更新を待っていて下さい。

      • 詳しくご説明いただきありがとうございます。

        2台のPCにインストールし、双方同じアカウントでログインし、利用するような使い方もできるのでしょうか?

        例えば職場と自宅のPCにインストール。同時ログインなどはなく、どちらでも利用できるようにというような感じです。

        しっかり理解出来ていないため、的外れな質問かもしれませんが、よろしくお願いします。

        • できます。
          PCでなくても、MobileWalletでも可能です。
          明日の朝までにそのための記事を出しますので、よかったら見てください。

          • ありがとうございます。記事を参考にやってみて、無事完了しました。

            やってみて、仰っている意味がわかりました。WLTファイルがあればOKみたいな感じなんですね。

            丁寧にご説明いただき感謝します。ありがとうございました。

  • はじめまして。とても詳しく丁寧な記事で、大変勉強になります。ありがとうございます。
    「NanoWallet ファイルの中に新しいファイルを作って .WLT ファイルを保存する事をお勧めします。」という部分がどういうことなのか、理解できず、もう少し詳しく教えていただけませんでしょうか?

    これはダウンロードされた.WLT ファイルとは異なる新しいファイルということになりますでしょうか?

    よろしくお願いします。

  • はじめまして、ゆきと申します。

    質問させていただきたいのですがナノウォレットのログイン画面で必要なパスワードを紛失してしまいました。

    ウォレットファイル、パスワードキーはございます。

    パスワードの再発行方法など知ってましたら教えていただきたく思います。

    よろしくお願いします。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です