NEM からの重要なお知らせ


NEM は「分配を広範囲かつ公平にする」という大志から始まりました。
NEM は様々な障害を乗り越えながらも、最終的に、暗号通貨界隈の中で最も広く分散・分配されたプラットフォーム・コインの1つになりました。
NEMプロジェクトの当初の目的は、今日の明確な目的に至るまでに紆余曲折を経て来ました。
最初に NEM は、ブルーオーシャン戦略(競合者の少ない市場を狙う戦略)をとりました。
(もちろん将来的には、一般市場で広く受け入れられるという狙いがありましたが。)

その結果、暗号通貨分野であまり公表や宣伝がされてこなかったのです。
だから NEM は、ここ最近でより注目を集めることとなり、一般市場からのニュースが出るにつれ基軸通貨である NEM:XEM の価値が急騰したのです。
手短に言えば、NEM のとったアプローチは、全世界の70億人の大衆に意識を集中し、ブロックチェーン技術として多くの人々のためのエコシステムとして注力してきたのです。
他の多くの暗号通貨イニシアチブ(暗号通貨団体)と違って、私たちは、システムの実用性のためじっくりと努力し、デザイン設計を完全に仕上げ、ごく自然に・本質的に成長してきました。
さらに私たちは、3人の信頼できる世界最高峰の開発者に恵まれました。
彼らは、高給取りであった前職を辞めて以来、NEM のプロジェクトに専念しています。
このことは NEM を成功を確実なものにするという彼らのコミットメントを物語っています。
そしてそのコミットメントはこれまで多く実を結んできました。

NEM は、テクノロジーとして、自然で本質的に成長を遂げてきました。
NEM は今現在、Dragonfly Fintech 社と Tech Bureau 社が実用性を多くの人々に認められてきた道と同じ道をたどり、多くの人々に認められてきています。
Dragonfly Fintech 社と Tech Bureau 社は、東アジア・東南アジアでの活躍が認められ、ますます勢いを増しています。
NEM はまた、素晴らしいプログラマだけでなく、素晴らしい戦略家にも恵まれています。
分別があり、地に足のついた素晴らしい戦略家たちです。
これらすべてのコアチームが、NEM の発展には欠かせません。
そして今、重要な判断を下す時がきました。
NEM をさらに発展させ、ブロックチェーン技術の最先端にするための判断です。
あまりにも長い間わたしたちは一般の人に認識されませんでした。

この目的のため、NEM は法人格を作る予定です。
今まであったようなスタイルの法人を構想したいわけではありません。
今までの法人というのは、非効率だということがわかっています。
そこで NEM の法人格は、非営利団体とし、政治的な闘争はないものになるべきです。
それは理想ですが、NEM は同時に、長期間にわたって継続的である必要があります。
それ故 NEM はハイブリッドのモデルになる必要があります。
数ヶ月以内に、私達は規約を起草することとします。
さらに、NEM の成功が確実になるように、また、強力で安定した今までの技術を蓄えられるように、数年以内に NEM は当初からいるコアメンバーに舵切りを託すことが見込まれます。
何よりもまず先なのは、良い信条、正直さ、誠実さを彼らが示すことです。規約の草案とは別に、NEM は、「どうやってこのとてつもなく大きい目的を達成するか」を計画することに従事します。
大まかに言うと、この法人の目的や信念などを定めた規約(設立趣意書)は、以下に基づきます。

さらなる NEM Blockchain 技術の発展は、以下によって促されます。

1. NEM の宣伝をする
2. EM の利用方法を指導する
3. 多くの人のエコシステムやプロジェクトで NEM の利用を奨励する
4. より大きく、より開放的なコミュニティを育成する
5. 力強いオープンソースコミュニティを創る

上記を達成するために、私たちは、

1. 各地域におけるプレゼンスを作り上げます
2. NEMブロックチェーン技術イベントを主催します
3. 教育機関と協力します
4. 規格を定義するために政府系機関と協力します
5. 利用を発展させるため、民営機関と協力します
6. 現在の NEM の開発者たちが率いる、中核的研究拠点を作ります
7. 技術に関する問題の相談にのるため、またそのようなサービスを NEM を利用する企業に提供するために、コンサルティング部門を作ります
8. コミュニティーから知的財産を買収・宣伝し、そのような知的財産をグローバル企業に販売促進します
9. 技術提供と資金援助を行い、新たなベンチャー企業を生み出します
10. 優秀な学生に対して、奨学金とインターンシップの機会を提供します

NEM は、暗号通貨分野で最高の立ち位置になることを願っています。
現在のいくつかの暗号通貨団体の失敗(かっこ、技術そのものが不誠実であると見なされるような失敗)を見ることは、私たちにとって有益でした。
彼らは、善かれ悪しかれ、政治的、実践性の無さ、未熟さ、虚偽広告によって、失敗をしています。
NEM でさえ、誤解を招く嘘の宣伝によって酷評されてきましたが、ほとんどの評論家は間違っていることを何度も何度も証明しています。
この理念を守るために、NEM は資金を募ると見込まれます。
NEM にかなり近い将来に何が起ころうとしているのかを公表したいと思っています。
それは NEM の将来にとって、実に素晴らしいことです!!

脚注・補足

NEM の理想は、ある事実を中心に展開されています。
その事実とは、「全てのスマートコントラクトはブロックチェーン上に置かれるべきではない」という事実であり、その理由はもう明らかになっています。
NEM は、ブロックチェーン技術の優れている点(不変性・不可逆性・分散的・非集中的・高セキュリティ性・安価な台帳ソリューション)を高めることの可能性を信じています。
この目的のため、NEM は、パブリックブロックチェーンとプライベートブロックチェーン、双方の利点を提供する強力なブロックチェーンソリューションであり、強力なひと組の API によって相互補完されています。
スマート・コントラクトとは反対に、「スマート・インテグレーション」を実現しており、それによって、企業が各々のビジネス・ルールや契約を分けてコントロールできるようになっています。
ふさわしい取引は、インテグレーション(統合)によって作られたルールにとって行われ、それと同時に、混和性台帳の環境において複数の台帳を共存させる事ができるのです。

公開日: 2016年7月4日
ソース: A Major Announcement(原文)
NEMからの重要なお知らせ(翻訳)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です