XEM と BTC や ETH との違い

イントロダクション

通貨という概念が誕生してから、通貨は常に中央政権にコントロールされてきました。
中央政権は通貨を使ってできるすべてのことを思うがままに決める事ができました。
つまり通貨の価値を強くしたり弱くしたり、あなたの通貨を奪い取ったり、何もかもです。
中央政権の宣言により、価値を有するものは、お金のみとなり、残念なことに、私たちは今日もその形式だけの通貨を使用しています。
それがドルの形であれ、ユーロや円の形であれ、すべては中央政権にコントロールされている通貨なのです。
2008年に自らを Satoshi Nakamoto と名乗った人物が、この通貨という概念をすべて直したいと決心し、暗号通貨の起源である「Bitcoin」を創りだしました。
Bitcoin は偉大で革新的なアイディアで、その副産物として「Blockchain」というアイディアをも創出しました。
Blockchain とは今まで起きたすべての決済の記録が載った公開された台帳であり、すべての人がそのトランザクションを確認できます。
2016年現在、世の中には数百もの暗号通貨があるので、その中でもとりわけ有名な暗号通貨の良い点・悪い点を説明し、そして最後になぜ NEM:XEM が優れているかを説明します。

Bitcoin

Bitcoin は暗号通貨の起源です。
私たちは、起源となったものが最も優れたものとは限らないことを知っています。しかし、それがイノベーションであることに変わりはないです。
Bitcoin は、セキュリティーのために、Blockchain と呼ばれる公開台帳を使っていますが、あくまでセキュリティー対策のためのみに Blockchain を利用しています。
このアイディアは Ethereum と NEM の両方に応用されており、簡単な要約はこちらの動画で見ることができます、この動画は Bitcoin が有名になり始めた頃に作られたものです。

トランザクション インフォグラフィック

Bitcoin でできるすべてのことは、NEM や Ethereum で実現可能であり、Bitcoin より優れているとも言えます。

Ethereum

Ethereum でのトランザクションがどうやって行われているかを知りたいのであれば、先ほどの Bitcoin の図を見てください。
すべて同じ仕組みです。
Ethereum は、Bitcoin より優れた以下の2つの特徴のおかげで、非常に大きな規模になりました。

スマートコントラクト: プログラムされた通りに動くアプリケーションを、Blockchain 上に書き込める
ASIC-proof アルゴリズム: 高価な機械・装置がなくても、マイニングで対価を得られるようにするアルゴリズム

しかし、この ASIC-proof アルゴリズムはまだ実質 Proof-of-Work(電力をより多く使える人が利益を得やすい仕組み)の状態となっており、Bitcoin と同様の欠点を抱えています。

ここしばらく、暗号通貨のコミュニティーは、スマートコントラクトが本当に大好きで、熱狂していました。
宣伝の仕方が非常に素晴らしかったからです。
例えば「ワールド・コンピュータ」や「稼働停止することなくプログラム通りに動くアプリケーション」などです。
ただし、少し過大に宣伝されすぎたようです。
最近、今までの Ethereum 内で最大のスマートコントラクトがハッキングされました。
スマートコントラクトの仕組みと堅牢性の致命的な欠陥によってハックされたのです。
このことについては、こちらの記事でよく説明されています。
もし、スマートコントラクトに脆弱性があれば、ハッカーは”合法的”にお金を盗むことができます。
これはハッカーにとって、この上なく幸せな状況です。

NEM

NEM は Proof-of-Importance(PoI)という仕組みを使っています。
これによって、NEM は電力をあまり消費せず、そしてよりセキュリティー上堅牢なものになっています。
マイニングにおいて、ネットワークの維持のための膨大な電力を必要としません。
シンプルで安価な、例えばラズベリーパイのようなコンピュータでも、NEM のノードとして実装することができます。
(ラズベリーパイとは、35ドル程度で販売されている小型コンピュータのこと。電力をほとんど消費しない。)
PoI の仕組みのおかげで、NEM を単に貯蓄するだけでなく、実際に NEM を使うことも容易になります。
さらに詳しい説明は、前に書かれたこちらの記事を参考にしてみてください。

NEM はさらにセキュリティーも優れています。
Eigentrust ++ というノードの重要性の決めるためのアルゴリズムを採用しており、それがネットワークのセキュリティーを大幅に強くしています。
これは他の暗号通貨にはないユニークな特徴です。
さらに局部的スパム防止の手法を用いているため、ネットワークの処理能力が限界になったときに、スパムを試みるノードのみをシャットダウンさせることができます。
これも他の暗号通貨にはない NEM 独自の特徴です。
さらに NEM は2つの層を念頭に置いて設計されています。
この設計のおかげで、もしあなたがウォレットを使いたいとき、完全な機能を持ったノードやブロックチェーンのコピーを必要としません。
ノードに接続しさえすれば、信用に関係なく、すべての機能を使うことができるのです。
ここで「セキュリティー上安全なので悪意のあるノードが手持ちの資金に手をつけられない」としても単純に「ネットワークは維持し続けられるのか」と疑問を抱く人がいるかもしれません。
そのために NEM の開発者チームはスーパーノードプログラムを創ることで、何年にも渡って人々がノードおよびネットワークを維持する動機を与えています。

NEM が優れているのは、セキュリティー面だけではありません。
多くの新しく、改良された機能を持っています。
Bitcoin と違い、マルチシグネチャアカウントが Blockchain 上に記録されるため、マルチシグネチャアカウントを持つのにサードパーティの信頼を必要としません。
Etheruem も確かにスマートコントラクト機能を持っていますが、自分自身で記述する必要があります。
つまりそれは開発者のみができるという事です。
さらに上の Etheruem のセクションでも言及したように、正しくスマートコントラクトをプログラムとして書くことは非常に難しいことです。
NEM は数回のクリックで、マルチシグネチャコントラクトを作ったり編集したりする事ができます。
さらに高度な機能が、「モザイク」というものです。
これは Bitcoin でいうところのカラードコインと似た仕組みで動きますが、完全にブロックチェーン上で実装されます。
従ってサードパーティの信頼を必要としません。
これらのカラードコインの名前は「ネーム・スペース」(インターネットでいうところのドメイン名)に基づいています。
一度ネームスペースが創られると、誰も同じ名前のモノを創ることはできません。
さらにネームスペースの持ち主は、無限にサブドメインを作ることができます。

普通プラットフォームというのは、メッセージ機能が欠かせません。
NEM は暗号化されたまたは暗号化されていないメッセージをアドレス間で送り合うことができます。
開発者向けに16進数のメッセージも利用可能です。
Ethereum や Bitcoin は、Blockchain のブロックを生成したマイナーに対して報酬を与える一方で、ノードを起動させ続けることやネットワークのスループット(処理能力)を助けることに対しては、報酬などの動機を一切与えていません。
NEM はその点スーパーノードという高機能なノードを動かしている人に対して報酬を与えています。
(このスーパーノードのおかげでライトウォレットが高速かつ安全に機能します。)
これらの報酬は、NEM ネットワークのブロックが最初に生成された時期に、確保されていたもので、数年間計画されていたものでした。
また、このスーパーノード用に確保していた報酬を渡し終えたあとも、常にネットワークを維持する動機があります。10,000 XEM を持っている人は誰でも、ハーベスティングノードというノードを作ることができ、トランザクションの手数料を得ることができます。
(受け取れる手数料の量は、PoI の仕組みによって決められるノードの「重要度」に基づいて決められます。)
さらに、大量の電力を消費する高価なマイニングマシンを買う必要はなく、NEM のハーベストには、ラズベリーパイのようなシンプルな小型コンピュータで十分です。
私たちは、世界初の、プライベート/パブリックブロックチェーンであり、Linux を作るために使われたのと同じシステムを使っています。
(Linux とは、OS の一種であり、最もセキュリティ上安全な OS として世界中に受け入れられています。)
NEM は経験豊かな開発者によって開発され、最初から拡張性と安定性を重視して作られてきました。
さらに私たちは現在、銀行での耐久テストを受けて金融機関での実用性を認められた世界で唯一のプラットフォームです。
他の暗号通貨もテスト自体はされてきましたが、その立証事例は一つも共有されていません。
一方、私たちのすべての検証は、全員に見えるように結果をオープンにしています。

NEM はさらに、Blockchain 上にサードパーティが作られることを可能なかぎり容易にします。
Bitcoin のようなプラットフォームでは、ほとんどのサードパーティの開発者は、中心的なサービスを使わざるを得ません。
(例えば Coinbase や Bitpay を使うなどです。)
そうなると、サードパーティの開発者たちは、構築やアップデート、API の維持をするために、これらの中心的なサービスに頼ることになってしまいます。
Ethereum では、それぞれの開発者は、自分独自のスマートコントラクトのためのコードを書くため、多用途で柔軟性がありますが、先ほどから述べているように、セキュリティー上失敗はできないという大きなリスクが伴います。
NEM はその点、充実かつ扱いやすい JSON / restful API を提供しており、開発者たちは、すべてのトランザクションタイプで使える、ネットワークの全ノードが使える API を使うことができます。
今まで述べてきたこれらすべての機能をは100%独自のコードで作られており、Bitcoin や Ethereum の欠点をカバーしています。
それだけでなく、その2つのプラットフォームの利点も取り入れることもできます。
上に書いた多くの文章を読むのが面倒な方は、以下の図を参考にしてみてください。

NEM インフォグラフィック

(以下、インフォグラフィックの翻訳です)
安全(SECURE)
1. ノードの重要性を評価するためのアルゴリズム
「EIGENTRUST ++」を使った世界初のプラットフォーム
2. インフラサーバとクライアントの2層設計
-ネットワークを使うためににブロックチェーンを同期するが必要ない-
3. 局所的スパム防止の手法により、スパムノードのみをシャットダウン可能
4. スーパーノードプログラム
スーパーノードに報酬を与えることで、ネットワークを何年も維持する動機を与える

堅固(ROBUST)
1. コーディングをすることなく、ブロックチェーン上にトラストレスのマルチシグネチャアカウントを作成できる
2. 「ネームスペース」を使うことで、アドレスを使わず NEM:XEM を送れたり、独自のコインを作成できる
3. 「モザイク」と呼ばれる独自のコインを NEM Blockchain に作成し、トークンを発行できる
4. 暗号 / 非暗号 / 16進数 のメッセージを使用することができる
5. 小型コンピュータでもハーベスティングによって報酬が得られ、NEM ネットワークが維持される

安定(SOLID)
1. 100% 独自のコードで書かれており、ビットコインからの派生でない
2. PROOF OF IMPORTANCE によって、電力や資本量でネットワークを維持するわけではない
3. ネットワークを利用するための使いやすい API を提供
4. 細かい設定なしに、基軸通貨である「NEM:XEM」を使って、小さなトランザクション手数料を払うことができる
5. 拡張性と安全のためのインフラサーバ(NIS: NEM Infrastructure Server)を誰でも動かすことができる

公開日: 2016年7月2日
ソース: What’s the difference between XEM, BTC, and ETH?(原文)
XEMとBTCやETHとの違いとは何か?(翻訳)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です