許可型ブロックチェーンプラットフォームのMijin、2018年末までに銀行システムのコストを最大1,000%削減する計画を発表


次のプレスリリースは、Coindesk に投稿されたものです。
Takao Asayama 氏が CEO を務める Tech Bureau は、許可型ブロックチェーンを作成するための低コストのソリューションである Mijin を発表しました。
Mijin の目標は、2018年までに金融機関のインフラストラクチャーコストを1000%まで削減できるようにすることです。
Bitcoin の父、Satoshi Nakamoto 氏は、ブロックチェイン技術を世界に授与しました。
Mijin は誰でも Peer to Peer ネットワーク上のブロックチェーンを簡単にセットアップできるようにするプラットフォームです。
単一の会社内またはパートナー間では、ダウンタイムをゼロにし、セキュリティーとパフォーマンスを低コストで向上させるために、許可型ブロックチェーンが望まれることがあります。
Mijin ブロックチェーンは、従来のデータベースを置き換えて、ポイントシステム、支払いサービス、オンラインゲーム、航空マイルプログラム、物流、保険、金融システム、ガバナンスシステムなどを簡単に作成することができます。
CEO の Takao Asayama 氏は、「Mijin ブロックチェーンを使用するとセキュリティーが向上すると同時に、冗長性、耐久性、明示的にバックアップされたシステムの必要性が排除されます。私たちの使命は、2018年末までに金融機関のインフラストラクチャーコストを現在の10%まで削減できるようにすることです。」と語りました。
Tech Bureau の顧問弁護士で森・濱田松本法律事務所の Masujima 氏は、「Bitcoin との主な違いは、Mijin がプライベートブロックチェーンを許可するということです。これは財務、物流、ガバナンスのシステムを完全に変える可能性があるため、非常に興味深いものです。」と語りました。
Mijin は2015年末までに地理的に分散したノードで最大25 tx / secの初期容量を提供し、2016年末までに最大100 tx / secの処理能力を向上させることを目標としています。
プライベートネットワーク内では、ミジンは最大数千 tx / secの堅牢な容量を提供します。
これにより、インフラストラクチャのコストを低く抑えながら、クレジットカードプロセッサに必要なものと同等のパフォーマンスが得られます。
Tech Bureau の Chief Blockchain Officer と Bitcoin 2.0プロジェクト、NEM のコア開発者である Takemiya Makoto 氏は、「NEM は18ヶ月間にわたりゼロから開発されており、NEM チームは Mijin を世界で最も優れたプライベートブロックチェーンシステムにするための専門知識と経験を持っています。」と語りました。
Mijin は、2016年から、パートナー企業とのプライベートベータテストフェーズを開始し、春にプロジェクトのオープンソース版をリリースすることを目標としています。
また、2016年には、主要な NEM チェーンを介して通信することにより、Mijin ブロックチェーン全体でスマートな契約を実行できるようになる予定です。

Tech Bureau は、日本の Bitcoin の交換および支払いサービスである Zaif の親会社です。

公開日: 2015年9月29日
出典: http://www.coindesk.com/press-releases/mijin-permissioned-blockchain-platform/

ソース: https://blog.nem.io/mijin-a-permissioned-blockchain-platform-plans-to-reduce-the-cost-of-the-banking-system-by-up-to-1-000-by-the-end-of-2018/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です