NEM は新機能をリリース


この記事は EIN News に掲載されたプレスリリースです。

新機能のリリース

NEM は編集可能な M-of-N マルチシグネチャ(マルチシグ)をチェーン上で管理し、カスタマイズ可能な資産、XEMpay / XEMsign を使用して、トラストレス取引とノード報酬の準備を行います。

バージョン0.6.42のリリースによって、NEM Coreの開発者は NEM ブロックチェーンプラットフォームに多くの新機能をもたらしました。
API を使用する、編集可能な M-of-N を持つ最初の暗号通貨であるという事に加え、テストネット上で新たなモザイクシステムのリリースにより、カスタマイズ可能なブロックチェーンアセットの公開が可能になります。
さらに、暗号通貨コミュニティーの内外における多くのプロジェクトでは、Node Reward プログラムや新たな暗号通貨取引の概念の開発が高度な段階にあります。

モザイクシステムはネームスペース機能に統合され、モザイクの発行者は一意の名前が付けられたクラスを作成し、ブロックチェーン上のアセットを実質的に維持することができます。
NEM API 機能はアセットに関する多くの自動化されたタスクの作成を容易にします。
テストネット上のモザイクとネームスペースの V1 におけるアセットは既に、信頼できるドメイン名とサブドメイン名を異なったモザイクラインで作成することを可能にしています。
モザイクは発行量を固定、変更、または上限をいずれかの量でカスタマイズ可能です。
これらは譲渡可能か否か、分割可能であるか否かに関わらず作成でき、またグループで組み合わせたり、説明を付けたり、さらに暗号化されたメッセージと共に一つの取引内で送る事もできます。
モザイクの現在のバージョンは、独自の高度でカスタマイズ可能なアセット作成機能を有しています。
これ以降のバージョンでは、さらに多くの機能を追加する予定になっています。

NEM の M-of-N マルチシグは、様々なプラットフォームや開発者間で異なるユーザーが使用できるように API によってサポートされています。
マルチシグアカウントを作成する為のコントラクトは、ブロックチェーン上で編集され管理されるだけでなく、NEM Community Client(NCC)によってサポートされており、あらゆるユーザーがマルチシグアカウントを少ない手間で利用できます。

ユーザーである Quantum Mechanics 氏は取引の監視とフィルタリングのためのアカウント制御プログラムである、XEMpay / XEMsign と呼ばれる二つのコードを Github 上で公開し、official NEM faucet を保護するために使用しました。
これはフォーセットノードと署名ノードが分離された状態で、ブロックチェーンを通じながら両者間で唯一の通信が起こるように、自動化されたマルチシグテクノロジーを使用する始めてのフォーセットです。
フォーセットでのXEMの損失を防ぐシステムを作る一方で、他のプロジェクトにも適用しカスタマイズする事ができます。

開発中である新機能には、コミュニティーに承認されたプロジェクトである Crypto Apex が含まれます。
Crypto Apex は NEM テクノロジーが世界初の取引可能なエスクローの作成にどのように使用されているかを示すためのデモンストレーションです。
過剰なセキュリティーソリューションを実行しデータベースとウォレットを保護する為にかかっていたコストを削減する事ができます。
NCC と緊密に連携することで、ユーザーはフィアットか Bitcoin を使用して、NEM:XEM をシームレスに購入し販売します。
取引が実行されると、暗号通貨もしくはフィアットが直接買い手と売り手のウォレットかバンクアカウントに送られます。
エスクローはまた、取引の間侵入されることがないようマルチシグによって保護されています。
私たちはフィアットインテグレーションにより、NEM:XEM がビットコインのような不安定さや不確実性から脱することができたらと考えています。

NEM Node Reward プログラムは、現在ノードモニタプログラムを作成しています。
このプログラムは、NEM ネットワーク上にダッシュスタイルのマスターノードプログラムを作成します。
ノードは、それが悪意のあるものかどうかに関わらず、リモートサーバー上で、安全にハーベストを行うことのできる、独自の NEM feature を利用して預託手数料をロックしたのち、NEM ネットワークへのサポートの報奨金を得る事ができるので、資金調達の心配がありません。

NEMについて

NEM は、安全性だけでなく、サードパーティの開発者が JSON RESTful に準拠した言語を用いて構築することが容易になるように設計された、まったく新しいコードで書かれたブロックチェーンプラットフォームです。
ノードとウォレットのコードが分離されているので、モバイルとデスクトップの開発が容易な二重構造システムになっています。
その設計の性質上、ウォレットを同期させる必要がないため、誰もが完全な同期を待つことなく使用することができるのが非常に魅力的です。
またこれは、悪意のあるノードからネットワークを保護するために、ノード評価マネジメントに Eigentrust ++ を使用する最初のプラットフォームです。
もう一つの革新的な機能は、Proof-of-Importance(PoI)と呼ばれる新しいコンセンサスアルゴリズムです。

公開日: 2015年9月8日
出典: http://www.einnews.com/pr_news/284916142/nem-just-releases-new-features

ソース: https://blog.nem.io/nem-just-releases-new-features/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です