ローカルおよびデリゲートハーベスティング


NEM にはマイニング(ハーベスト)のための2つの異なる方法があります。
それは、ローカルハーベスティングとデリゲート(委任)ハーベスティングです。
このチュートリアルでは、それぞれの違いと、それがどのように機能するかについて説明します。

ハーベスティングとは

NEM でのハーベスティングはブロックを生成し、そのブロック内の取引手数料を作業の報酬として獲得するプロセスです。
Proof-of-Importance(PoI)アルゴリズムは、ブロックの生成を許可されているユーザー(より正確には、生成されたブロックが有効であるとみなされるユーザー)を決定します。
ハーベスティングできるようにするには、少なくとも10,000 XEM の残高が必要です。

注:残っている残高の1/10のブロックが1440ブロックごとに権利確定部分に移動されます。
ハーベスティングは Bitcoin のマイニングと違い新しい XEM の作成はされず、取引手数料のみが得られます。

デフォルトの方法:ローカルハーベスティング

デリゲートハーベスティングをアクティブ化しなかった場合、ローカルハーベスティングであるデフォルトの方法が使用されます。
この方法は、コンピュータが動作している間、リモート NEM Infrastructure Server(NIS)を使用していない場合にのみ機能します。
(このチュートリアルでは、どのような場合にリモート NIS を使用するのが便利なのか、どのように行うことができるのかについては説明しません。興味があれば、他のチュートリアルを見てください。)
アカウントのローカルハーベストを開始すると、アカウントの秘密鍵がローカルに実行されている NIS に渡されます。
これは、NIS が生成されたブロックに秘密鍵で署名する必要があるためです。
秘密鍵はもちろん、何があろうともあなたのコンピューターを離れる事はありません。

別の方法:デリゲートハーベスティング

リモートに配置された NIS(リモート NIS)に接続していて、ハーベスティングを開始したい場合、NEM ソフトウェアがこれをブロックするため、デフォルトの方法(ローカルハーベスト)でこれを行う事はできません。
ブロックする理由は簡単です。
アカウントの秘密鍵はリモート NIS に送信されてしまいます。
(生成されたブロックに署名する必要があることを覚えておいてください。)
これは深刻なセキュリティー上の問題です。
誰かがあなたの秘密鍵を受け取り、あなたの資金を完全に支配する事ができてしまいます。
解決策は簡単です。
リモートの NIS でハーベストを開始する前にデリゲートハーベスティングをアクティブにします。
このステップはブロックチェーン取引を開始するため、6 XEM の料金がかかります。
アクティベーションは、アカウントに対して1回だけ実行する必要があります。
360回の確認(約6時間)後、アクティベートが完了し、ハーベスティングを開始することができます。
リモート NIS がハーベスティングを開始すると、ローカルコンピュータ上の NEM ソフトウェアをシャットダウンする事もできます。
リモート NISは、操作されている間、引き続きアカウントでハーベスティングされます。
デリゲートハーベスティングを開始する方法の詳細については、こちらをご覧ください。
注意:アカウントのデリゲートハーベスティングを有効にした場合、これはリモート NIS でしかハーベスティングできないという意味ではありません。
ローカルの NIS でハーベスティングすることも可能です。

注2:使用しているリモート NIS を信頼する必要はありません。
不正行為をしている、またはハッキングしている場合でも、あなたの資金は危険にさらされていません。
リモートNIS ができる最悪の事は、あなたのためにハーベスティングするふりをする事ですが、実際には起こりえません。
それをどのようにして可能にしているかを知りたい場合は、読み進めてください。

デリゲートハーベスティングの背後にある「魔法」

あなたがデリゲートハーベスティングを有効にした場合、NEM Community Client(NCC)Blockchain 上で処理される重要転送(インポータンストランスファー)トランザクションを開始します。
これにより、アカウントの重要度スコアの空の「プロキシ」アカウントへのマッピングが作成されます(残高:0 XEM)。
委任されたハーベスティングの有効化が完了し、リモートの NIS でハーベスティングを開始すると、「プロキシ」アカウントの秘密鍵がリモート NIS に渡され、生成されたブロックに署名しますが、受け取った料金は依然として元のアカウントにあります。
「プロキシ」アカウントの秘密鍵では、重要度スコアを他のアカウントに転送することはできません。
また、残高がゼロであるため、資金を盗むこともできません。

結論

実際には、これは、ユーザーがメインアカウントをオフラインストレージに入れ、オフラインストレージアカウントの代わりにプロキシアカウントを使用してハーベスティングできることを意味します。
委任収穫を使用する際にリモートサーバーに接続する方法の詳細については、リモートNIS への接続に関するチュートリアルを参照してください。

ローカルハーベスティング
+セットアップ不要 – 「ローカルハーベストの開始」をクリック
-リモート NIS を使用している場合は不可能
-オフラインハーベスティングではないため、通常のコンピュータを使用すると電気代が高い

委任ハーベスティング
+常にハーベスティング可能- コンピュータの電源が切れていたとしても代わりにリモートNISがハーベスティングする
+電力のコストを削減する(リモート NIS が Raspberry Pi 2、Cubieboard 3などの VPS またはマイクロコンピュータで動作する場合)
-セットアップが必要(アクティベーションに約6時間かかり、6 XEM の料金がかかる)
注:ハーベスティングのチャンスは両方の方法で同じになります。

ちょっとしたボーナスチュートリアルがあります。
ここには、コミュニティーで作られたビデオがあります。

公開日: 2015年4月8日
ソース: https://blog.nem.io/how-local-and-delegated-harvesting-works/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です