NEM Q&A – オリジナルの、テスト済みのブロックチェーンプラットフォーム、PoI は世界を変える


bitcointalk.org への最初の参加呼びかけから1年以上が経過した、Peer-to-Peer ブロックチェーンプラットフォームプロジェクトである NEM は、3月31日に100%オリジナルのアルゴリズムである Proof-of-Importance(PoI)を実装しており、70人以上の積極的な貢献者からなるチームで構成されています。

NEM は、ブロックチェーンコンセンサスの PoI アルゴリズムを使用するブロックチェーンテクノロジープラットフォームです。PoI コンセンサスメカニズムは、そのバランス、アカウントのアクティビティ、および取引されるアカウントの重要性を考慮に入れて、アカウントの重要度スコアを計算します。
Java ベースの NEM には、Eigentrust ++ 評価アルゴリズム、マルチシグネチャ機能、暗号化メッセージング、およびシステム内のレイヤーのカプセル化に対応する堅牢なクライアント/サーバーWebアーキテクチャも組み込まれています。

AllCoinsNews.com(ACN)は今週、NEM のコミュニティリーダーである Lon Wong 氏と Makoto 氏との質疑応答を行いました。Lon Wong 氏は、シドニーに本拠を置く Faithhill Ventures Ltd の創設者兼 CEO であり、暗号通貨エコシステムに投資している会社です。Makoto 氏は、PoI アルゴリズムと NEM Infrastructure Server(NIS)のコア開発者です。

ACN:NEM はどのプラットフォーム/プロトコルのフォークでもないと理解しています。最初は、NEM プロジェクトは Nxt のコードベースでそのプラットフォームをベースにしていると考えましたが、NEM はゼロから開発することに決めました。なぜ Nxt のベースコードは適切ではないと考えられたのですか?

NEM:NEM が最初に始まったとき、Nxt コードは今ほど綺麗ではありませんでした。Nxt の開発者は、それを綺麗にするために多くのことを行い、昨年よりもっと緊密にしました。最初にコードを見て、NEM が本当に望んでいたことを考えたとき、私たちが望むフィーチャーリストを得るために、すぐに Nxt のコードベース全体を変更する必要がある事に気付きました。私たちは、私たちが望む機能をサポートするためにコードを最初から構築する方が良いと結論づけました。これらの機能には、NIS(NEM Infrastructure Server)と NCC(NEM Community Client)、BrainWallet のパスフレーズ、PoI、マルチシグニチャアカウント、トランザクションスパムプロテクション、Eigentrust ++ の代わりにローカルウォレットを分離するクライアント/サーバー Web アーキテクチャ設計、等まだ構築されていない機能がいくつもあります。

ベースコード全体は、後で拡張して新しい機能に対応できるように設計されています。私たちはセキュリティーがブロックチェーン技術の他の実装との固執のポイントの1つであると感じているため、今後セキュリティーを強化します。私たちが追加しているこれらの機能の多くは、トランザクション・スパムプロテクション、オン・チェーン・マルチシグ、ブロック・スタンピングのためのネットワーク時間同期など、暗号世界で最初のものです。たとえ以前に行われたとしても、誰も NEM の実用性と使い易さでそれを実行していません。

私たちはまた、多くの機能を実験しています。たとえば、我々はすでにコールドウォレットからの取引の送信をテストし始めています。具体的にはコールドウォレットの設定とセキュリティー基準を再定義しています。もっと後になるでしょうが、今、私たちは開発しています。

ACN:Nxt はまだ NEM の開発に影響を与えていますか?

NEM:いいえ、私たちは Nxt から完全に独立しています。現実には、我々は業界全体に非常に多くの影響を受けており、全体的な傾向を把握し、一貫した戦略を策定しようとしています。

ACN:NEM プロジェクトは、「経済の問題を是正する」、「世界を変革する」、「政府を支援する」、「企業、地域社会、そして個人が経済を変革する」といった発言が間違いなく注目を集めていますが、NEM はどのようにして世界を変えますか?

NEM:他の暗号化イニシアチブが同じことをする可能性があることは議論の余地がありますので、私たちのエコシステムは世界の問題を緩和するための唯一の解決策であると主張してはなりません。しかし、NEM が、ブロック・チェーン・イニシアチブとして、現実世界の現在の多くの金融システムや組織システムの問題を修正することは否定できません。NEM の関心は、NEM プラットフォームを可能な限りオープンにして、プログラマーや開発者が我々のソリューションをより大きなイニシアチブの基本要素として扱う柔軟性を持たせる事にあります。私たちは、現実世界が利用できる様にするために活用できるブロックチェーン技術のビルディングブロックを提供する汎用プラットフォームソリューションを目指しています。

例えば、投票システムです。ソフトウェア開発者は、私たちのプラットフォームを簡単に利用する事ができます。もう一つの例はフォーム提出です。送信できるデータの量は現在256バイトに制限されていますが、送信できるデータの種類は多くのトランザクションでサポートします。あるいは、SMS メッセージと同様に、これを連結する事もできます。フォームの提出により、クライアントはデータを使用して他の何かをしたいと望むオペレータに情報を送信することができます。従来のソリューションとこのソリューションの基本的な違いは、データがブロックチェーンに格納され、オペレーターが実際にステルスモードで作業できる点にあります。すなわち、オペレーターはデータ入力のためにウェブサイトを公開する必要がなく、したがってハッキング、DDoS などの影響を受けません。

後のリリースでは、NEM のソリューションは、政府が金銭管理ポリシーの一部として望むならば、政府が公正な通貨をブロックチェーンで発行することを簡単にする事ができます。これは自然に金融システム全体を変えるでしょう。ウォレットはユーザーが直接管理する財布であるため、ウォレットを開設していないユーザーはすべて一晩で自分のウォレットを直ぐにでも持つことができます。

最後に、若干の違いがあるとは思うかもしれませんが、私たちはリバタリアンの政治的見解を推進するためにここにはいません。私たちは、ブロックチェーン技術を使用して個人に力を与えることを強く求めています。したがって、我々は政治的極端な両面に公平です。さらに重要なことは、NEM のエコシステム内で政治的極端な両面が互いに独立して参加することを可能にします。

このような柔軟性をもって、NEM は私たちが住んでいる世界を本当に永遠に変えるだろうと考えています。

公開日: 2015年4月7日
出典: http://allcoinsnews.com/2015/04/07/nem-qa/

ソース: http://nemflash.com/nem-qa-original-tested-blockchain-platform-proof-of-importance-change-the-world-forever-tech/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です