NEM の狙いは Bitcoin ではなく経済の首


NEM: New Economy Movement と呼ばれる団体は、現在力を持つブローカーの領域外にある、繁栄したオープンなデジタル経済の発展を目指しています。
NEM は、新しい暗号化方式を利用して、「財政の自由、地方分権、平等、連帯の原則に基づいた新しい経済」を構築する計画を立てています。
NEM の動きは、非常に初期段階にあります。
2014年1月に誕生した NEM は、Bitcoin が主流になり、特に規制当局が彼らに関心を示すようになった後の部分的な答えそのものでした。
発案者の UtopianFuture 氏は Bitcoin コミュニティ内で牽引力を持ち、バタリアンの理想を公言しました。

発案者の UtopianFuture 氏については、あまり知られていませんが、チームを素早くまとめ、数千人のステークホルダーを組織していました。
しかし、UtopianFuture 氏のインスピレーションと組織化の能力は、他の AltCoin を攻撃するために複数の BitcoinTalk アカウントを制御していたという開示によって、間もなく影を落としました。
すぐに、彼はいなくなりました。

NEM は、デジタル時代のための新しい経済を創出する動きです。

実は、これは NEM 開発者を悩ませている様です。
しかし、Makoto 氏は NEM の出発を UtopianFuture 氏の計画通り特徴づけました。
Bitcoin の創作者である Satoshi Nakamoto 氏が消えた様に、UtopianFuture 氏の突然のデジタル的消滅はこの動きを傷つけませんでした。
理由は、あまりにも多くの人々がすでに NEM を買っていた為です。

Makoto 氏は他の NEM のステークホルダーと同様、NEM はコインとしてではなく「生き生きとしたエコシステム」であると考えています。
彼らは根本的にすべてを取り払うつもりはありませんでした。

では、開発者は NEM がその動きをどう行うと思いますか?
Makoto 氏が私に説明したように、NEM の革新の中で最も興味深い2つの指針は、ネットワークを保護する重要性の証明(Proof-of-Importance)の方法と Bitcoin と Dogecoin のように採掘されないと言う事実です。

NEM のステークホルダーは、経済的なエコシステムを構築し、NEM ブロックチェーンを確保するために、分散ネットワークにおける関係を保護するための2つの概念である仕事の証明(Proof-of-Work)と保有による証明(Proof-of-Stake)の代替手段として Proof-of-Importance を開発しました。

Proof-of-Work では、マイナーは採掘の報酬及び取引手数料を獲得します。
彼らはエコシステムへの投資で報酬を受けますが、Proof-of-Stake では、新しい報酬を獲得するために特定の金額のコインを所有する必要があります。
いずれの採掘方法も、実際にマイナーがコインを使うことを奨励していません。

Proof-of-Importance はこれらと根本的に異なります。
この方法では、全体の経済でどの程度重要であるかを判断するために、取引・保有額についての情報を使用します。
なので、Makoto 氏が述べた様に、NEM を沢山保有するのみでは不十分です。
ユーザーは健全な経済を築くために他のユーザーと実際にやり取りする必要があります。
(これからのホワイトペーパーでは、Proof-of-Importance や NEM のコンセプトの詳細について説明します。)

Proof-of-Importance のコンセプトは、NEM の最大の強みになります。
これは、早期導入者によって支配されている Bitcoin とは別ものです。

「重要性を証明して、NEM 経済を支えている人たちに他の人と取引して報酬を与えることで、預け払いを是正したいです。」と Makoto 氏は述べました。

NEM の配分に関しては、コインの約75%が約3000人のステークホルダーの間で均等に配分されました。
「利害関係者に NEM を均等に配分することで、各ステークホルダーが通貨の0.025%しか管理していないため、誰にも大きな優位性がない事が保証されています。」と Makoto 氏は語ります。
このような地方分権化は、これまでの暗号通貨には見られませんでした。
残りの25%の NEM はマーケティングと開発に資金を提供しており、NEM V1 のリリース後にはその10%が利用可能です。

Makoto 氏が見ているように、暗号通貨の普遍的な実行可能性質のもう一つの大きな問題は、普通の人が使用するには複雑すぎるという事です。
「運転手が車のエンジンに使われている金属合金のことを気にする事が無いのと同様、ユーザーはお金を稼ぐのに使われている技術を気にしません。しかしすべてが機能する限り、技術は透明でなければなりません。「うまくいく」シンプルさとテクノロジーに焦点を当てることで、NEM はユーザーエクスペリエンスの革命を通じて大衆にそれを訴える事が出来ます。」

Makoto 氏は、これと他の取り組みが NEM が Bitcoin を上回るのを助けると考えています。
取引所において NEM の最初の均一な分布が刺激されている間、そのバランスは成立しないかもしれませんが…。
自由市場なので、いくつかのユーザーは多くの NEM をコントロールすることができますが、NEM の利用方法を正確に予測することは困難です。

NEM のユーザーエクスペリエンスはどのようなものになるでしょうか。
ミディアムポストで、NEM の事実上の広報担当 xtester 氏は、NEM エコシステムで多くのプロジェクトを立ち上げる事ができると書いています。
そこには、電子商取引サイトやセキュアなメッセージングプラットフォームからソーシャルメディアやデジタル資産管理に至るまで、あらゆるものが含まれます。
Makoto 氏は、NEM の暗号化が NEM Infastructure Server(NIS)と NEM Community Client(NCC)で構成され、理論的にはそれがデジタル経済に発展することを詳述しました。

「将来的には、NIS の上にプラットフォームを構築するために使用できる分散資産交換やその他の機能を備えます。NEM は安全で分散した Peer-to-Peer ブロックチェーンを備えているため、分散元帳が必要なものを構築するために使用できます。」

確かに、これは Bitcoin の機能と柔軟性に似ていますが、現時点では代替暗号を作成する際にブロックチェーンを複製することが困難です。
上記のように、NEM の新規性は他の場所にあります。

Makoto 氏は、NEM の使用は金融商品に限定される必要はないと述べました。
誰もが見ることができるタイムスタンプの文書を公証する、友人や家族に安全かつ暗号化されたメッセージを送るなど、他の生活分野にも適用できます。

NEM アセット・エクスチェンジ(資産交換)は、eBay のように、実際の物品の取引をサポートできるように設計されています。
これは野望の一つですが、この資産交換が現実にどのように機能するかは全く予測できません。

Medium post で説明されているように、ユーザーはさまざまな方法で NEM に参加できます。
開発に専門知識がある場合、NEM のコードに貢献できます。
マーケティングやグラフィックデザインの才能があれば、NEM コミュニティ内のそれらのフィールドに貢献出来ます。

特別な起業家精神を持っている人は、NEM の組織的任務を助けたり、新しい電子商取引プラットフォームでの採用を奨励したりする事ができます。
あるいは、経済活動を引き起こす「スウォーム」に参加する事もできます。
これは投資グループのように考えて下さい。

NEM は、Peer-to-Peer Network の信頼を確立するアルゴリズムである Eigentrust ++ を使用しています。
一部のピアが敵対的になり、意図的にネットワーク上で誤ったデータを送信した場合、Eigentrust ++ は理論的にこれらのピアをネットワークから除外します。
また、詐欺するのが困難な方法で信用格付けを適用します。

「我々の知る限りでは、このような高度なアルゴリズムをネットワークに組み込む暗号通貨は NEM だけです。」と Makoto 氏は話します。

今年9月に NEM のベータ版が公開され、11月に正式リリースが予定されています。
ここではカラードコイン(モザイク)などの機能が追加されます。

Makoto 氏によると、モバイルアプリを開発し、NEM のための迅速な取引を行う AltNemo の計画があると言います。
AltNemo は、Makoto 氏によれば、NEM エコシステムを急進させるためには不可欠なものです。

NEM の開発者のアイデアや野心は大きいですが、その作業は容易ではありません。
この時点で NEM の存在を知っている人はごくわずかであり、普及のためには、Bitcoin と Dogecoin の暗号通貨ユーザーの心に NEM の革命を響かせなければなりません。

私たちは、革新的な技術と、単なる Altcoin ではなく別の動きを生み出すことによって、NEM が多くのユーザーを引き付けるだけでなく、世界経済にプラスの変化をもたらす事を願っています。

公開日: 2014年 8月28日
出典: http://motherboard.vice.com/read/this-cryptocurrency-doesnt-want-to-beat-bitcoin-it-wants-to-beat-the-economy

ソース: http://nemflash.com/this-cryptocurrency-doesnt-want-to-beat-bitcoin-it-wants-to-beat-the-economy/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です