MaidSAFE ホワイトペーパー

イントロダクション

既存のインターネットインフラストラクチャーは、24億人を超える接続者の要求に対処できなくなりつつあります。
さらに、2017年にはその数が36億人までに増加すると予測されています。
今日のアーキテクチャでは、中央のサーバーがデータを格納するのが一般的で、データへのアクセスを提供する為には費用がかかり、とても非効率的です。
データセンターは、世界の電力の1.1%から1.5%を使用し(年率60%で増加傾向)、それはユーザーデータのホストおよびインフラストラクチャーの維持に費用をかけなければならないデータセンターの所有者、プロバイダー、および企業にとって大きな支出となります。
更に、今日のネットワークでは、ほぼ毎週 ID とパスワードの盗難が報告され、ユーザーデータのセキュリティーを完全に保つ事はほとんど不可能であることが証明されています。

これらの課題を克服するためには、高価なサーバー維持費、データ漏洩、およびボトルネックを除去する新しい方法が必要です。
すべてのインターネットベースのサービスを完全に分散して置き換えることにより、SAFE(Secure Access For Everyone)は分散型インターネットを実現し、以下が可能になります。

  • 構造化データ型および非構造化データ型の自律的な処理
  • プライベートで安全な通信
  • http、smtp、ftp などの必要がない世界中のファイルシステムレベルで共有されたデータ
  • 安心して通信できる高度に暗号化された個人データ
  • 人々がネットワーク上で自己認証し匿名で参加する能力
  • 中間者攻撃や IP アドレス識別に耐性のあるネットワーク
  • 管理者や人間の介入を必要としないネットワーク
  • データセンターが不要
  • 非常に使いやすく自由な API で、多数の開発者が今日の集中管理アーキテクチャでは実現できない次世代のセキュアなアプリケーションを作成
  • エコシステム内のすべてのユーザーにインセンティブを与える safecoin と呼ばれる暗号通貨

SAFE は、MaidSafe.net によって8年間絶え間なく努力が続けられているプロジェクト開発の集大成です。
これらの開発者には、MaidSafe.net や他の多くの分散型インターネットアプリケーション開発者が含まれます。
プロジェクトのドキュメントとコードにアクセスするにはこちら、技術の概要についてはこちらを参照してください。

プロジェクトに暗号通貨を組み込むことは、Maidsafe のコアデザインとして新しい取り組みではありませんでした。
何年も前の初期設計(2006年)に含まれている論理的なステップです。
この提案は創業者のプールや株式を作成しませんでしたが、資金提供者、開発者、ユーザーを奨励し、MaidSafe の既存の投資家を満足させました。
これにより、MaidSafe は、このネットワークが真に開発者のすべてに永久に属することを明確に示すことができます。
完全に保護された、所有されていない、分散化されたインターネットの可能性を見ることができる何百もの開発者が、ネットワークが広く使われ、働いていることを確認することは、非常に重要なステップです。
提案されたクラウドセールは、ネットワークをシードし、開発者の基盤を世界中に広げ、非常に明確で論理的な方法で、より広いコミュニティーにプロジェクト全体をプッシュする事ができます。

MaidSAFE の歴史

2006年2月にインターネットを分散させる目的で設立された14名のチームは、現在スコットランドのトゥーロンに拠点を置いています。
プロジェクトが今の段階に達するまでに、MaidSafe は親しい友人や家族、そしてサポーターやエンジェル投資家からの投資を受けています。

創業者が MaidSafe の株式約28%を従業員持株制度に振り分け、約50%を非営利基盤に配分したことも注目に値します。
MaidSafe 財団は、この提案の重要な役割を担い、富の公平な配分を保証するとともに、教育と革新の促進に貢献します。
スコットランドに拠点を置くこのような組織を取り巻く法律や規制は、財団の理事やメンバーに利益をもたらす動機がないことを保証します。
これは、SAFE などの分散プロジェクトの多くの側面を管理するための重要なモデルです。

プロジェクトのステータス

現時点で、MaidSafe は基礎ライブラリと関連コードを完成させています。
API は、使いやすさを確保するために、アプリケーションデベロッパーと協力してファイナライズされています。
これは、例とデモンストレーションによって補完されています。
ネットワークは大規模なテストに入る準備をしており、MaidSafe は資金調達ラウンドの発表中にこれを実装したいと考えています。
現在、開発者はテスト目的でネットワークをダウンロードして実行できます。

ネットワークの完全な公開は、近い将来に行われます。
初期のネットワークテストが実行され、問題および致命的なバグが解決されてから、数週間後にノードに追加機能が追加されます。
MaidSafe はこの期間中、毎週 Google ハングアウトを開催し、質問にお答えし、アプリケーション開発者の手助けをします。

Proof of Resource(PoR)

多くの暗号化および分散ネットワークでは、ネットワークが数学的に検証可能なメカニズムを介してアクションまたはサービスを検証できるようにするための何かの証明が必要です。
Bitcoin では、これは Proof of Work(PoW)によって実現されます。
これは本質的に、コンピュータパワーを必要とするハッシュ技術です。
この技術により、Bitcoin はトランザクションを確認し、ブロックのコインを「マイナー」に報酬として与えることができます。

SAFE Network では、非常に正確かつ暗号的に安全な方法でノードとその値をネットワークに対して検証することができます。
SAFE Project はこれを使用して PoR を作成します。(付録参照)
これにはいくつかの重要なポイントがあります。
リソースは、CPU スピード、帯域幅、ディスクスペース、オンライン時間などに依存するデータチャンクを格納するコンピュータの能力です。
これにより、証明は、有用で、測定可能で、かつ、すぐに検証可能なものになる事を可能にします。
PoR は、コストが非常に小さいため、非常に効率的なメカニズムです。

さらに、完全に分散されたネットワークとして、SAFE Approach により、ネットワーク速度でトランザクションを作成し、確認することができます。(場合によっては1秒未満)
これは BlockChain ではなく、分散トランザクションマネージャによるものです。
SAFE Network では、トランザクション管理システムをリンクするかどうかを決めることができます。
Bitcoin は、リンクされた BlockChain を使用して、ネットワークのすべてのトランザクションをトラバースすることができます。
SAFE は、BlockChain に対するリンクされていないアプローチを選択しました。
各ユーザーのアカウント情報は、最も近いノードのグループ毎に(XOR Address の距離に応じて)保持されます。
トランザクションマネージャは、ユーザ間のトランザクションプロシージャ中に一時レシートオブジェクトのみを保持します。
この一時レシートオブジェクトは永続的に保存することができ、トランザクションが完了した直後にネットワークのトレースを残すことなく、トランザクションの証明を維持または破棄することができます。
コインの瞬時の移転を可能にすることに加えて、このメカニズムは、エスクローモデル(第三者が仲裁人として行動する支払い争議を解決する事)を可能にします。
このエスクローメカニズムは、通貨の中核要素です。

Safecoin

技術的な実装の詳細については、付録を参照してください。
歴史は、最先端の技術をもっていても、それ自体が大規模な使用を保証するものではないことを実証しました。
SAFE Network が完全かつ効率的に利用されるためには、すべての利害関係者、グループが、公平かつ公正な方法でこれらのトークン(safecoins)を獲得する能力を持つ、トークンベースのスキームが重要です。
Safecoin は、獲得、取引、購入することができます。
SAFE Network 全体は、コミュニティーのすべての部分にインセンティブを与えるように構成され、設計されています。
インセンティブは、完全に分散したインターネットの重要な要素です。
MaidSafe コードベースはこのプロセスの一部であり、アプリケーション開発者がこれに追加してインセンティブを与えられる事となり、ノードはコンピュータをネットワークの一部にする際、Safecoin を報酬として受け取る事ができ、触媒として働く投資家は購入できる完全なネットワークの起動前に、safecoin(中間の MaidSafeCoin 経由で)を直接購入します。
これにより、世界中のネットワークを立ち上げるのに十分なリソースを利用できるようになり、アプリケーション開発者は利用者にとって大きな価値のあるアプリケーションをリリースする事ができます。
このプロジェクトは、単に新しいインターネットの始まりに過ぎません。
誰も管理していないことが「インターネットが誇るべきもの」です。

本質的に、safecoin は、開発者、支持者、および利用者が SAFE を使用するための公平で透明な方法です。
ユーザは PoR に基づいて、貴重なネットワークリソースを継続して提供しているため、safecoin を獲得できます。
一方、アプリケーション開発者は、収益モデルとして safecoin を使用できるようになり、収益モデルやストリームについて心配することなく、すばらしいアプリケーションの提供に集中することができます。
サポーターは、共通の利益を提供することに焦点を当てているネットワークを後戻りさせ、財務上のリスクを負う意欲に報いるリターンを達成するのを助ける事ができます。
safecoin は、市場によってのみ決定される価値を有する予測可能なキャップ(2^32)を有することが提案されています。
safecoin は暗号通貨になり、SAFE は取引を完了させるために使用されます。

プロジェクトの提案

今日の集中管理されたシステムの多くは、広告を使用して収益を図るか、指数関数的に価値が低下するリソース(CPU、ディスクスペース、帯域幅など)を請求します。
MaidSafe は、リソースを安くするだけでなく、SAFE Network 内外でのエクスチェンジを容易にする価値の高い暗号化通貨(safecoin)を提供するアプローチを提案しています。
このホワイトペーパーでは、時間をかけて一定数のコインを作成し、取引を容易にするためにさらに細分化することができる2^32(〜40億)アプローチを示します。
このアプローチは、コインの再利用を増加させ、マイナーにさらにインセンティブを与えます。
PoR は、情報の断片を保存するのに伴うディスクスペース、CPU および帯域幅を表します。
これらのリソースは時間の経過と共に増加し、増加し続ける価値を生み出し、リソースコストの指数関数的な低下をもたらします。
PoR は、時間の経過と共に、帯域幅の証明、CPU処理の証明など、追加のリソースを考慮に入れます。

本質的には、この提案は、コンピューティングリソースが可能な限り低いコストですべてのユーザーに共有されるようにします。
MaidSafe は、このアプローチが世界で最も費用対効果の高い効率的なコンピューティングプラットフォームを提供し、スパイ、プライバシー侵食、データ損失のない、全人類のためのインターネットビジョンを実現すると考えています。

インセンティゼーションとコインの分配

SAFE Network は完全に包括的であり、サポーター、利用者、支持者、開発者など、誰でもプロジェクトに参加できます。

利用者

利用者が SAFE Network に匿名で参加すると、ボールト(データストレージと管理場所)が開始されます。
このボールトは自動的にネットワークに追加され、リソースの提供を開始します。
これらのボールトにはセットアップと管理は不要で、簡単なダウンロードとインストールのみで完了します。
ネットワークは、これらのリソースを自己管理し、それに応じてネットワーク全体に均一に分散されたランダムなやり方で、これらの「ファーマー」(ボールトの所有者)に報酬を支払うように設計されています。

収益のスピードは、ネットワークに寄与し、ネットワークによって確認されたストレージスペースに基づいています。
計算の詳細については、付録「MaidSafe ネットワーク上のトークンシステム」を参照してください。
開発者およびクラウドセールラインは、IP プールによって隠されていることに注意してください。

ファーマーのボールトにデータが保存されているにもかかわらず、彼らがそれを意図的にオフにした場合、彼らは単に貸し出し能力を失ったに過ぎません。
将来的には、ネットワークがそのようなデータを検出し、悪意のあるファーマーをネットワークから除去することができると想定されます。
この種の攻撃は、彼らの収益ポテンシャルが自らの行動によって悪影響を受けるので、加害者にとってコストがかかるものとなります。

多くの通貨とは異なり、safecoin の流通は情報によって裏付けられています。
この情報は世界のデータを表し、指数関数的に増加します。
年率1.5%でしか増加しない金とは異なり、safecoin の量は最初の方に急増します。
これはカリフォルニアのゴールドラッシュに似ています。
当時の金の量は熱狂的な鉱夫によって急速に成長しました。
safecoin では、これはネットワークビルディングによってミラーリングされ、世界中のデータをすべて保護しています。
その間、採掘頻度は指数関数的に減少します。

世界のすべてのデータが保護されると、マイニングはシステム全体の可用性とその保護下にあるリソースの増加に追いつくペースまで自然に遅くなります。
これは、人々がネットワークリソースのために safecoin を取引するときに可能になります。
これらのリソースは、当初はデータのみですが、帯域幅(サテライトとメッシュネットワークを可能にする)と処理能力(分散された大量計算作業用)も必要になる可能性が高くなります。

リソースの数は、ネットワークによって動的かつ永久に計算されます。
個々の safecoin の価値は市場で決定され、これは重要な概念となります。
流通しているコインはネットワーク主導型であり、個々の価値は市場主導型です。
商品とサービスのために safecoin を人々が交換するにつれ、この市場価値が実現されます。

MaidSafe の数値は、時間の経過とともに推定鉱業利回りを予測しています。
この予測は、ネットワークの採用速度と保存されるデータの量等を含む多くの仮定に完全に依存しています。
MaidSafe は、これを障害とみなすのではなく、むしろ大きなチャンスと考えています。
今日の市場で SAFE 命題を使用して競合することは、開発者にとって大きな利点です。
(その多くはこのホワイトペーパーで説明されています。)
誰も所有していないオープンネットワークでは非常に魅力的です。

支持者

ネットワークの分散所有を許可するために、MaidSafeは1日目にトークンの30%を割り当てます。
この safecoin の割り当てによって、2つの別個のエンティティに報酬を与える事ができます。

現在の MaidSafe 投資家/株主

現在の MaidSafe の投資家は、完全な信念と強い欲求をもって過去8年間投資してきました。
これらの投資家のおかげで、技術が現在開発されており、この提案が可能になりました。
safecoin の5%がこれらの投資家のために分配され、safecoin の価値が高まるにつれて、現在の投資家は MaidSafe.net のコインに相当する株式を交換する事ができます。
safecoin は、MaidSafe 財団が各株主からの要請により発行され、ファーマーがネットワークに導入された時点で割り当てられます。
これにより、投資家は何年にもわたって彼らの助けを賞賛され、MaidSafe の株式は財団によって完全に所有されることになります。
このアプローチは、企業としての MaidSafe が SAFE Network を担当していないことを保証し、株主は尊敬をもって扱われます。
safecoin を割り当てられているとき、彼らは今日の後援者としてこれらを保持する事ができます。

クラウドセール参加者

クラウドセールにより、世界中のすべての人が SAFE Project の一員となり、そこへ参加する事ができます。
これは MaidSafeCoin が売り切れになるまで続きます。($ 8million 相当)
コインの分配に関係なく、イベントは30日後に終了します。
クラウドセールにより、MaidSafeCoin の最大数の内、10%が直接購入できます。
クラウドセールが開始された直後に、MaidSafeCoin は取引所に上場され、取引可能となり、safecoin がリリースされる予定です。

クラウドセール参加者は、完全な SAFE Network が開始されると safecoin のために1:1の比率でスワップされる MaidSafeCoin を購入します。
購入は、マスタープロトコルスイート経由で Bitcoin ブロックチェーンに記録されます。
MaidSafe はテストネットを最初に実行しており、テスト中にネットワークを上下させる必要があります。
ネットワークが再開されるとコインが壊れる可能性があるため、仲介コインが必要となります。

参加者は Bitcoin または Mastercoin のいずれかを使用して MaidSafeCoins を購入することができます。
支払いは Web サイトから MaidSafe Foundations の出国者の住所に行います。
この住所は、クラウドセールを開始する前に、Web サイト、MaidSafe 自身のサイトおよび SAFE Network site の両方に掲載されます。
資金が受け取られると、MaidSafeCoins は自動的に生成され、参加者の mastercoin wallet に送信されます。
ウォレットはこちらから無料でダウンロードできます。
現時点では、Windows Wallet のみが利用可能ですが、すぐに Web Wallet が利用可能になります。

購入した MaidSafe コインは、完全なネットワークが開設されファーマーがオンラインになるとすぐに、Wallet に safevoin として入金されます。
これにより、プロジェクトにすぐに利益がもたらされ、インターネットを分散化され、最小限のコストで MaidSAFE の真の価値を提供できるようになります。

このラウンドで調達された資金は、MaidSafe Foundation によって保持され、MaidSafe のコアチームを迎え、3年間の財政援助を提供するために利用されます。
3年後、MaidSafe の中心的なチームが大幅に成長し、さらなる革新がもたらされると想定されています。
創始者のプールは存在しないことがこのプロジェクトの非常に重要な側面です。
チームは、ある意味で価値を提供していない safecoin によって報酬を与えられるべきではありません。

開発者

MaidSafe は2つの方法で開発者に報酬を与えることを提案します。
1. SAFE コードベースのマスターブランチに受け入れられたバグ修正とコードを提供する
2. コミュニティーに利益をもたらすアプリを作成する
これらの発行体制は、MaidSafe Foundation を介して行われます。
MaidSafe は最終的なプラットフォームテスト中に数百のノードをネットワークに植え付けると PoR を提供してコインを生成します。
ネットワークが「一般的な使用の準備ができている」と宣言されるまで、コインが時々破棄され、ネットワークが再開されることは認められるべきであると考えています。
MaidSafe のメーリングリストでは、プライベートでも非公開でもネットワークのシードは行われません。

獲得したすべての safecoin の15%が開発者プールに割り当てられます。
これにより、開発者コミュニティーは、安全なアプリケーションと、収益モデルとして safecoin を利用する基礎となるコードベースの改善を提供することに高い意欲と報酬を与えられます。
自動化された開発者賞のアイデアが成果を上げた場合、これらのコインの内10%がリサイクルされる可能性があります。

開発者プールコインの5%がコア開発チームに提供されます。
彼らの勤勉と献身がなければ、SAFE Network は簡単には実現できませんでした。
さらに100,000ドル相当の safecoin が、開発者プールから、このホワイトペーパーを開発するための時間とコミットメントを与えた人々、および早期のプロジェクト調整のために配分されます。
これらの人々の努力と専門知識がなければ、この論文は包括的ではなく、作成にははるかに時間がかかりました。

MaidSafe 開発者のメーリングリストをポーリングすることにより、コードコミットと第三者プロジェクトを選択し、財団から成功プロジェクト/コード拡張に割り当てられることが提案されています。
ボールトあたりの採掘速度は、次のように予測されます。

時間 コインの数
初日 800
初週 1800
初月 4000
初年 19000

シードネットワークの規模はおよそ2,000のボールトと推定されています。
その場合、最初の1ヵ月の収入は 8M で、初年度は合計 38M になると予測されます。

サードパーティの開発者もトークンスキームの外部にインセンティブを与えるでしょう。
SAFE Network 上でアプリケーションとビジネスを開発することを選択すると、ネットワークがクリティカルマスに達し、既存のベンダーより優れたパフォーマンスを発揮します。
そして、すべてのユーザーにプライバシーとセキュリティーを提供します。
ネットワークコードは自由に使用でき、API キーや開発者向けプログラムには事前費用がかかりません。
開発者の顧客獲得コストは、インフラストラクチャーコストの不足のために伝統的なアーキテクチャーと比較したレベルの数分の1になります。

このようにして、MaidSafeはSAFEネットワーク内の他のすべての開発者、およびsafecoinモデルを介して収入を得るすべてのアプリケーションプロバイダーと同じテーブルで食べるでしょう。

校正とか全然してないホント直訳です。以降はもう少ししたら書きます。(多分)

公開日: 2014年4月15日
ソース: https://github.com/maidsafe/Whitepapers/blob/master/Project-Safe.md

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です